老後の生活を安定させる退職金の安定運用

老後の生活を安定させる退職金の安定運用

最近は長寿傾向、かつ核家族化ということもあり、老後の生活は気になるものです。そこで、退職金の安定運用というのは大きなポイントになります。

サイトトップ > 株式投資

スポンサードリンク

老後の生活を安定させる退職金の安定運用

株式投資


「資産運用」というと、当然ながらリスクが伴うというイメージがあります。そのために敬遠される人もいますが、まずは内容をしっかり把握することが必要です。ちゃんとした知識を身につけて、できるだけリスクの少ない投資商品を選べば、安定的な収入(安定運用)を得る事も可能なのです。


もちろん、投資と言っても数多くの投資商品があるので、何が向いているのかわからない場合も多いでしょう。当然ながら昨今では、銀行口座にお金を入れておくだけではまとまった利息などは望めません。不動産投資をするにしても元手がかなり必要になります。最近話題のFXなどもリスクがかなり高いので、高い授業料になってしまう可能性があります。


ここで基本となるのはやはり株式投資です。株式投資と言えば、安い時に買って高い時に売る、というような、いわゆる「利ざや」で儲ける方法を思い浮かべると思います。この方法で成功すれば、もちろん儲けは大きいのですが、株が値下がりしたら損をするのでかなりリスクがあります。これだけを考えたら株式投資はリスクがあるとなります。


しかし、リスクを最小限に抑えて、配当を目当てにして株を買うという安定的収益を生む方法もあるのです。配当金は、企業が出した利益の一部を一定の時期に株主還元するものです。株式投資では元手になる資産が必要です。


これは多くの人が退職金を利用しています。中小企業の大卒者の平均的退職金は1244万円ということで、約750万円を貯蓄と考え、残りの500万円程度を運用資金にするケースが多いようです。


証券会社に取引用の口座を開設し、運用資金を入金することで株の売買は誰でもできます。配当金の受領方法には、配当金受領証方式、登録配当金受領口座方式、株式数比例配分方式などがあります。


老後の生活を安定させる退職金の安定運用

MENU



スポンサードリンク